隠しカメラって聞くと、ちょっと危ないイメージを持たれると思いますあせあせ(飛び散る汗)

たしかに利用者のモラル次第では、とっても危ない利用方法も出来てしまうかも知れません。

一般的に隠しカメラは、ビジネスシーンや防犯対策などを中心に利用されている便利グッズなんですひらめき

たとえば会議やミーティング中に隠しカメラをボイスレコーダー代わりに使用したり、メモを撮る代わりに音声付き動画で保存したりも出来ます。

さらに、動体検知機能を使って防犯対策用に使用したり、友達やペットなどのカメラ目線でない自然な表情の撮影などにも便利なんでするんるん

そんな隠しカメラにちなんだ自由な日記を書いていきたいと思います。

2012年05月15日

これは驚きです!とっても自然に撮影出来る携帯電話型

今日は、最新モデルの隠しカメラをご紹介します。

なんと、携帯電話タイプがデビューしたんです!!

今や当たり前に誰でももっている携帯電話ですが、そんな携帯電話の本体を、バリバリの隠しカメラ使用にしたのが今日紹介する商品なんですexclamation&question

一見すると、携帯電話なんて自分でも持ってるし、別にわざわざ購入する必要ないんじゃない?

なんて思いますが、こちらの携帯電話型隠しカメラですが、単独のボイスレコーダーや、動体検知機能、繰り返し録画機能、32GBまでのマイクロSDカード対応、などなど、やはり撮影や記録することを前提に考えたときには、便利な機能が満載なんですぴかぴか(新しい)

なので、ビジネスシーンなんかでは、机の上に置きっぱなしでバッチリ記録とかも出来そうなアイテムで、使用用途はかなりありそうな新スタイルの隠しカメラといえそうですわーい(嬉しい顔)
posted by 隠しカメラ好き at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 隠しカメラを紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相互リンク集1

≪隠しカメラの自由な日記相互リンク集 その1≫

等ブログは、相互リンクを募集しています。ジャンルなどは問いませんンが、内容のある(独自の記事が豊富)真面目に運営しているサイトを歓迎いたします。アダルトやその他モラルに反するような内容のホームページや、リンク集ページへ、トップページから3クリック以内に移動できないホームページなど、管理人の基準に満たない場合は相互リンクをお断りさせていただく場合がございます。
隠しカメラ系以外のホームページからも随時募集中ですので宜しくお願いいたします。

α相互リンク
簡単に登録出来る効果的なリンク集になってます。登録するのに結構お勧めのサイトです。

コスプレで思うこと
コスプレについて色々書いています。現代ではメジャーになっているコスプレですが、思ったことや考えたことなど、その他情報を掲載。

京町家再生リフォーム
京町家は日本の古い家屋の中でも伝統的な価値ある古材です。オフィスやカフェ、ショップなどのインテリアや内装のリフォームも、クラシカルでモダンな仕上がりになります。

引越し料金が安い業者を比較しよう
引越し料金は、依頼する会社や業者、プラン内容などで金額も違ってきます。あなたの引っ越しを安くする業者の見積もり比較をお手伝いします。

デジタル機器の買取依頼を京都でお探しならこちら
AV機器などの不用品はありませんか。こちらでは査定、買取してくれます。無料の出張査定がうれしいです。
posted by 隠しカメラ好き at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 相互リンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月07日

GWにテニスをしたら体がバキバキです。。。

いやあ、GWは結構雨も降りましたが、前半と後半はしっかり晴れましたよねわーい(嬉しい顔)

隠しカメラとか黒物家電なんかが好きな私ですが、実は運動も好きなので、GWラストに、テニスをガンガンやってきましたテニス

そんなわけで、体は今バキバキ状態ですwww

遊びで、みんなのアイフォンやアイパッドで、テニス風景の動画撮影なんかもしました。

改めて思いましたが、アイフォンやアイパッドなんかは、すごく動画の画質がいいですねひらめき

隠しカメラもメーカーさんの頑張りで性能は上がっていますが、やはり本体価格が7万円くらい?するアイフォンなんかには画質でかないませんねあせあせ(飛び散る汗)

堂々と撮影するにはアイフォンや携帯、デジカメで、こっそりと撮影チャンスをものにしたいときには、シーンにあったタイプの隠しカメラを利用する、って感じでしょうか。

それにしても、体はつらいですが、いいストレス発散になりましたわーい(嬉しい顔)
posted by 隠しカメラ好き at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする